VOL.45 便秘

Kさんは28才の女性。「長年便秘に悩んでいるが、市販の便秘薬を服用すると腹痛がひどく下痢になってしまう。お腹が張る。手足が冷えるが、冷たい飲み物が好き。肩こり。やや眠りが浅い。」との事。

陽虚と血虚を兼ねた便秘と考え、双和湯を服用していただき、「お腹の中を温める漢方薬ですが、下剤は入っていない処方なので、どうしても出ないときだけ、お手持ちの市販の漢方便秘薬を少量だけ使って下さい。」とお話しました。

一週間後、「便秘薬は服まずに便通があります。お腹も痛くありません。」とうれしそう。こちらまで爽快な気分になりました。今では、何も服用しなくても便通は良好。現在は冷えの治療中です。

便秘は漢方では、食事や生活習慣からくる熱が原因の「熱秘」ストレスによる「気秘」過労や腹部の筋力が弱い「気虚秘」大腸の潤いが不足している「血虚秘」や「陰虚秘」冷えが原因の「冷秘」などに分類し、さらに症状、体質を分析して処方を決定していきます。

食事や生活習慣の変化からか、最近は便秘の方が多いように思います。また、便秘による腸内環境の悪化は、様々な疾患の原因となることもあります。ただ下剤で下すのではなく、漢方薬を上手に使って根本治療してみましょう。