VOL.47 夏バテ

夏の暑さや湿気は身体を重だるくし、意欲を失わせますね。滋養強壮のドリンクなどでも、身体はシャキッとしないものです。

Aさんは48才の男性。普段は元気な方なのですが、お疲れのご様子。「全身の倦怠感があり、普段より汗をかきやすい。のどが渇く。食欲が無い。疲れると動悸、息切れを感じる。」との事。

「気陰両虚」と判断し、「生脈散」を服用して頂きました。「気持ちの悪い汗をかかなくなり、動悸、息切れもなく、身体も軽く感じる。暑い間は漢方のお世話になるよ。」と報告してくれました。

Bさんは25才のOL。会社の冷房が強めな様で「身体が重だるく、頭重感もある。胃がムカムカして食べたくない。冷房の中にいるので汗はかかない。のどはあまり渇かない。ここ数日少し下利気味。」と憂鬱そう。

「寒湿困脾」と判断し、「不換金正気散」を用いました。一週間ほどして、スッキリした笑顔をみせてくれました。

いつものことですが、「夏バテ」とはいえ、漢方では症状や経過などから原因を判別し、「暑熱」「湿困脾胃」「脾虚湿困」「寒湿困脾」「気陰両虚」「気血両虚」等々に分類し、約四十種類ほどの薬方を使い分けていきます。

症状をよく観察して漢方薬を決定することが大切なのは、他の疾患と変わりありません。貴方も自分に合った漢方薬で夏を快適に楽しく過ごしましょう。