VOL.48 肌荒れ

今年は冷夏のため、日焼けによるトラブルの御相談はほとんどありませんが、「肌荒れ」はそれとは無関係。一年を通してみられる病症です。

皮膚は常に外気にさらされているため、気候の影響を強く受けます。
春季に多くみられるのが、あちこちに痒みや発疹が出る「風熱」タイプ。
夏季に多いのが、皮脂が浮いてテカテカしてくる「湿熱」タイプ。
秋冬になると、カサカサとした乾燥や粉をふく感じの「血虚」タイプや「陰虚」タイプが主体になります。ただ昨今は、エアコン等のため、単純にはいきませんが。

その他、気候とは関係なく、ストレスや血行不良などによる「血熱」タイプや「血オ」タイプ等があります。皮膚の状態をよく観察して漢方薬を決定することが大切なため、必ずご本人が来局される必要があります。

Tさんは24才の女性。「顔全体が肌荒れし、くすんだように黒っぽい。目の回りが特に黒ずんでいる。唇の色も悪い。生理前になると肌荒れが悪化する。生理痛が激しく、生理に血塊がある。」といった症状でした。

「血オ」タイプと判断し、腸癰湯を服用して頂きました。皮膚に栄養を与える瓊玉膏も併用しました。三ヶ月ほどすると、生理痛が楽になるとともに顔の肌荒れ、黒ずみが改善され、表情も明るくなりました。

「皮膚は内臓の鏡」ともいいます。漢方薬を上手に使って、きれいなお肌を手に入れましょう。