VOL.56 月経不順

漢方では、月経を一定の規律をもった周期的な子宮からの出血と定義し、月経周期が21日以下のものを経行先期、35日以上のものを経行後期、短縮したり延長したりして不規則なことを経行先後無定期と称して分類しています。

さらに、随伴症状や体質などを考慮し、「血熱」「陰虚火旺」「肝気欝結」「肝火上炎」「気虚」「血虚」「陽虚」「陰虚」「気血両虚」「腎気不固」「血ォ」「実寒」等々に分類し、約六十種類ほどの薬方を使い分けていきます。

33才のAさんは「月経周期が28日から60日くらいで、一定しない。ストレスや冷えなどで、左下腹部が痛む。痛む部位はあまり押さえたくない。手足が冷え、子宮筋腫もある。」との事。「気滞血ォ」と「実寒」を兼ねていると判断し、血府逐お湯と安中散を服用して頂くことにしました。服用後、すぐに腹痛はおこらなくなり、6ヶ月ほどで、月経周期も安定してきました。検診では、筋腫も少し小さくなっているとのことです。以前はみられた月経疹も落ち着いてきているようです。

女性の場合、月経が身体に及ぼす影響は大きく、安定すると身体全体が元気になってくる方が多いように思います。女性の活躍が目覚ましい現代、貴女に合った漢方薬で快適に乗り切りましょう。