VOL.71 アトピー性皮膚炎~その6~

「24才女性、1才半からアトピー性皮膚炎。5年ほど前から地元のA漢方薬局にて、漢方治療。3年ほど服用したが、改善がみられずむしろ悪化したため、皮膚科に受診し、ステロイド治療。
昨年12月より、当薬局の知人であるB薬局にて漢方治療、やや良いが一進一退なので。」とのことで、B薬局さんからのご紹介で、他県から当薬局にご来店されました。
「手足が冷えやすく寒がり。疲れやすい。皮膚症状は、眼瞼部や顎、首、両腕が特にひどく、痒みはもちろん、赤み、乾燥、肥厚、落屑、血痂がみられる。過労や睡眠不足、ストレス、月経前に悪化しやすい。一方、休息、リラックス、入浴中などは、緩解する。」特にお風呂で温まると具合が良いらしく、「入浴中が唯一、私の幸せな時間です。」と話してくれました。

気血両虚と陽虚を兼ねていると考え、十全大補湯を服用していただくことにしました。皮膚のダメージを改善するため瓊玉膏も併用しました。現在、服用開始から2ヶ月半ほど経ちますが、一番気になっていた顔の部分は、ほとんど落ち着きました。両腕もかなり改善し良い感じです。ご本人も長いトンネルから抜けられたようで、とても前向き。このまま、ほぼ順調にいけそうです。

「アトピー性皮膚炎」は、当薬局でも御相談が多い疾患の一つです。漢方ではアトピー性皮膚炎を、「風熱証」「風湿証」「湿熱証」「燥熱証」「血熱証」「脾気虚証」「脾虚生湿証」「気血両虚証」「血虚風燥証」「陰虚証」「肝気欝結証」「血瘀証」などのタイプに分類し、約八十種類ほどの処方を使い分けていきます。他の疾患と同様、「アトピーには、○○湯」と決めつけずに、皮膚症状や個々の体質をきちんと判断して的確な漢方薬をセレクトすることが、治療の早道となります。