VOL.76 更年期障害

更年期障害は西洋医学では、卵巣機能の低下によるホルモンの分泌不足、家庭環境や社会環境の変化による精神的ストレスなどを原因とする閉経前後にみられる身体的、精神的な諸症状とされています。漢方では経断前後諸症などと称し、加齢に伴って腎精が減少しその結果、精神活動の要である「心」、自律神経と関わりの深い「肝」、決断力や快適な睡眠を生み出す「胆」などに影響を及ぼすことによって起こる身体のバランスの失調と考えています。
更年期障害の症状や程度は千差万別ですが、それらを漢方的なものさしで、きちんと分析することが、治療への第一歩です。ストレスの影響が大きい「肝気鬱結」、イライラして顔がのぼせやすい「肝火上炎」、足腰がだるく手足がほてる「腎陰虚」、不安感が強くよく眠れない「心脾両虚」、動悸や不眠が主体な「心腎不交」、喉元に何かがつかえる感じがする「気滞痰凝」……。当薬局では、大きく11のパターンに分類し、更に熟考して、40ほどの処方を使い分けています。

「49才の女性、主訴は、咽の不快感、声がれ、のぼせで、症状は、月経前とストレス、疲労によって悪化する。月経周期が不安定になっており、疲労倦怠感、イライラ、肩こり、眩暈、手足のほてり、口乾などもみられる。食欲は正常。やや便秘気味。」とのお話でした。陰虚火旺と肝気鬱結、気血両虚を兼ねると考えて、滋陰至宝湯と知柏地黄丸を服用して頂きました。腎精を補う瓊玉膏も併用しました。3週間ほどで、辛い症状が改善されてきて、その後も服用中ですが、のぼせも無くなり、良好なようです。
更年期は、その後の生活にも大きく影響する大切な時期です。漢方で快適にのりきりましょう。