VOL.97 アトピー性皮膚炎

「アトピー性皮膚炎」は、当薬局でも御相談が多い疾患の一つです。

漢方では、「浸淫瘡」「血風瘡」「四弯風」「旋耳瘡」「異位性皮膚炎」「遺伝過敏性皮炎」「変位性皮膚炎」等と称しますが、発生頻度は中国などより日本の方が高いようです。

「33歳の男性。幼少期よりアトピー性皮膚炎。皮膚暗褐色~濃紅色で乾燥、痒みが甚だしい。痒みのため夜中に目が覚めることがある。患部は肥厚や落屑、皹裂などがみられる。夕刻や入浴後、疲労、睡眠不足、発汗などで悪化する。夕刻になると頬や手足が火照り喉が乾いてくる。盗汗をかきやすい。」との事でした。

患部症状や病歴から『陰虚火旺』タイプと判断し、知柏地黄丸を服用してもらうことにして、スキンケアの指導もさせていただきました。皮膚のダメージを改善するため瓊玉膏も併用しました。

30日ほどで効果が見え始め、一年ほどで痒みもなく、皮膚もカサカサしなくなりました。現在は瓊玉膏のみを服用中で、表情も明るくなり、元気そうです。

漢方的な分類では、幼児期には、消化機能が未熟なために生じる『脾虚』タイプが多く見られますが、中高生~成人になるとストレスによって悪化する『肝気鬱結』タイプや『肝火上炎』タイプ、そして、今回のような、アトピー性皮膚炎の長期化とステロイド軟膏の多用により生じた『陰虚火旺』タイプが多く見られます。
いたずらにステロイド軟膏を悪者にするのは、考えものですが、極端に強いものの多用や長期連用は心配ですね。

漢方では、アトピー性皮膚炎は、その患部症状や体質などから、この他にも多くのパターンに分けられます。
当薬局では、パターンにあわせて、約八十種類の処方を使い分けています。皮膚疾患全般に言えることですが、患部の状態をよく観察して漢方薬を決定することが大切であり、必ずご本人が来局される必要がある疾患の一つです。