VOL.99 にきび~その5~

漢方の臨床では、弁証論治という方法を用いて処方を決定します。
中でも寒熱の判別は大変重要で、治療効果に大きく関わってきます。内科疾患は、もちろんですが、ニキビなどの皮膚疾患でも同様です。

Aさんは、45才の女性。「顎を中心に淡紅色~晦暗色の小丘疹がみられる。痒み、痛みなどは無し。ニキビ治療薬をはじめ、ステロイド軟膏なども使用したが効果無く、漢方薬も清上防風湯や荊芥連翹湯などを服用してみたが良くならない。ストレスのためイライラする。肩こり、寝つきが悪い。自分では身体の冷えを感じていないが、夜間に1~2回トイレに起きる。」といった症状でした。
寒湿証を主とし、肝気鬱結を兼ねていると判断し、当帰芍薬散加附子を服用していただくことにして、スキンケアや食事の指導もさせていただきました。
清上防風湯や荊芥連翹湯は風熱証に使う漢方薬なので、寒熱が逆ですね。

2週間ほどで効果が見え始め、2ヶ月半で皮膚は平らになり、痕だけになりました。
現在はニキビ痕を中心に治療中です。

漢方では、ニキビ・吹き出物を「粉刺」と称し、色、形、好発部位、悪化条件、随伴症状などから、「風熱」「脾胃湿熱」「肝胆湿熱」「実寒」「肝気鬱結」「痰凝」「血瘀」「脾気虚」「陽虚」「陰虚」「気血両虚」等々のパターンに分類し、更に症状、体質を分析して、約八十種類ほどの処方を使い分けていきます。

皮膚疾患全般に言えることですが、患部症状をよく観察して漢方薬を決定することが治療の早道となります。「皮膚は内臓の鏡」ともいいます。漢方薬を上手に使って、きれいなお肌を手に入れましょう。