VOL.100 不妊症~その6~

漢方では、不妊症を「不孕」「求子」「無子」「絶産」「絶子」 などと称し、婦人科分野において、古典にも多くの記載がみられます。
実際の治療においては不妊症を月経や全身の症状から、「腎陽虚証」「腎陰虚証」「気血両虚証」「肝気鬱結証」「痰湿証」「血瘀証」などに分類し、それぞれに応じた三十ほどの処方を組み合わせていきます。
基礎体温表なども西洋医学とは異なる漢方的な見方があり、また、これといったトラブルが見当たらないのに妊娠しない場合には、月経周期を「月経期」「低温期」「排卵期」「高温期」に分割し、時期ごとに漢方薬を服み分ける「漢方周期療法」を用いることもあります。

「34歳、主婦の方、結婚後2年ほど経つが子供ができない。月経周期は28~38日。経前に乳脹やイライラがあり、月経前から前半に月経痛がみられる。基礎体温はやや不安定。手足が冷えるが、足はほてることもある。腹満、肩こりなどがあり、青あざができやすい。」とのこと。

肝気鬱結証と血瘀証を兼ねていると考え、折衝飲と逍遙散を飲み分けていただくことにしました。
オーダーメイドの周期療法です。精血の不足もみられるので、瓊玉膏も併用しました。
はじめてご相談にみえた時は、緊張した表情でしたが、ご相談を重ねるごとに表情も和らぎ、2ヶ月ほどでめでたく妊娠。嬉しい御報告のお電話をいただきました。

肝気鬱結証のタイプの方には、妊娠できないことにストレスを強く感じている方も多くみられます。
一人で悩まずに、誰かに話すことにより、気持ちが楽になることもあります。
当薬局では、不妊症のご相談は出産経験のある専門の女性薬剤師が主に対応させていただいております。安心して、ご相談下さい。