VOL.106 不妊症7

漢方では不妊症を「不孕」と称し、「妊娠適齢な女性が避妊を行わずに、結婚後2年以上妊娠しないこと」を「原発性不孕」、「過去に妊娠歴があって避妊せずに2年以上妊娠しないこと」を「継発性不孕」といいます。

「36歳、お仕事が忙しくストレスも多い。結婚して3年ほど経つが、子供ができない。月経周期は14~90日と不安定。基礎体温は高温期と低温期がはっきりせず、二相にならない。月経前になると便秘し、乳房が張って痛い。疲れやすく、月経の前半には膝から下がむくみ、だるくなる。肩こりがあり、疲れると手足がほてる。」とのこと。

肝鬱気滞と痰湿を兼ね、陰血不足もみられることから、当帰芍薬散と香蘇散を併用し、精血を補う瓊玉膏も服用していただきました。
服用開始から3ヶ月。基礎体温が初めて二相になり、月経周期が安定してきました。また、月経前の乳房の張り、だるさやむくみ、肩こりがなくなりました。さらに3ヶ月後、めでたく妊娠。穏やかな表情で、とても嬉しそうです。

漢方では不妊症を月経や基礎体温の状態及び個々の体質などから、「腎陽虚証」「腎陰虚証」「気血両虚証」「肝気鬱結証」「痰湿証」「血?証」などに分類し、それぞれに応じた三十ほどの処方を組み合わせて使っていきます。

めまぐるしい社会の変化、生活習慣の変化があり、いつのまにかストレスや疲れをためている方が多くみられます。これが不妊症の原因となっているケースも少なくありません。個々の体質、症状に合った漢方薬による不妊治療は、身体を元気にする治療でもあります。
当局では、不妊症のご相談は、出産経験のある女性薬剤師が主に対応させていただいております。安心してご相談下さい。