VOL.108 更年期障害3

更年期障害は、漢方では経断前後諸症などと称し、閉経前後に腎精(ホルモンと考えるとわかりやすいです。)が急速に減少することにより、精神活動の要である「心」、自律神経と関わりの深い「肝」、決断力や快適な睡眠を生み出す「胆」などに影響を及ぼすことによって起こる身体のバランスの失調と考えています。腎精の消耗は閉経だけでなく、過労や不摂生などでもおこりますので、年齢に関係なく更年期のような症状がおこることもあります。

「50才の女性、月経周期が不安定になりだしてから、耳鳴、偏頭痛、焦燥感がみられるようになった。一番の悩みは、集中力や意欲の低下。寝つきが悪い。月経時は昼間から眠く、微熱気味。疲れやすく、肩こり、眩暈、眼精疲労などもみられる。」とのお話でした。

気血両虚・心脾両虚と考えて、帰脾湯を服用していただくことにしました。腎精を補うため瓊玉膏も併用しました。1ヶ月ほどで、表情も晴れ晴れとし、集中力も増してきたそうです。現在も服用中ですが、体調も良く、意欲的で、お元気そうです。

更年期障害において、十人十色の症状を治す治療を標治、根源となる腎精の不足を補う治療を本治といいます。
様々な不定愁訴がみられますが、すべてのパターンに共通なのは腎精の不足が根本にあるということです。
その点が、一般的な自律神経失調などと、大きく異ります。そのため、標治と本治を併行しておこなうこと(標本同治)が、必要であり、治療の早道となります。また、事前に腎精を補っておくことは、更年期障害を予防するコツとなります。
また、更年期は、五臓六腑が不安定になっているため精神的にデリケートになっています。イライラ、不安、思慮過度などに反応しやすくなるため、上手にストレス解消することも大切です。

更年期は、次にくる新しい人生の節目のような時期です。漢方を上手に使って、快適に乗り切りましょう。