VOL.114 不妊症8

『中医症状鑑別診断学』によると、「妊娠適齢な女性が避妊を行わずに、結婚後2年以上妊娠しないこと」または、「過去に妊娠歴があって避妊せずに2年以上妊娠しないこと」を不妊症としています。

「32歳、結婚して5年の主婦の方、結婚2年目に男の子を出産したが、二人目のお子さんができない。月経周期は28~35日、ストレスがあると遅れやすい。月経1、2日目に絞られるような月経痛があり、鎮痛剤を服用する。手足が冷え、基礎体温は、高温期が低め。月経前になるとイライラしやすく、乳房が張って痛い。」とのこと。腎陽虚証に肝気鬱結証を兼ねていると考え、鹿茸大補湯と逍遥散を服用していただきました。服用すると手足が温まり、体調が良いとのこと。月経前のイライラ、乳房の張りがなくなり、月経痛も軽減し鎮痛剤がいらなくなりました。4ヶ月ほどでめでたく妊娠し、先日、無事女の子が誕生しました。妹ができたお兄ちゃんも嬉しそうです。
漢方では不妊症を月経や全身の症状から、「腎陽虚証」「腎陰虚証」「気血両虚証」「肝気鬱結証」「痰湿証」「血瘀証」などに分類し、それぞれに応じた処方を組み合わせ、月経の状態や周期を整えていきます。また、基礎体温表なども西洋医学とは異なる漢方的な角度から見て参考にします。
最近は、二人目のお子さんができなくてお悩みの方のご相談も多いようです。出産後、充分に養生できない方、育児と、家事やお仕事の両立などで、身体的、精神的にご無理されている方も多いのかもしれません。
当薬局では、不妊症のご相談は出産経験のある女性薬剤師が主に対応させていただいております。お気軽にご相談下さい。