VOL.120 不妊症9

日本において妊娠を望むカップルの10組に1組が不妊症に悩んでいるといわれています。その原因が男性にある場合と女性にある場合の比率は、ほぼ同程度だそうですが、女性がご自身のせいではないかと悩んだりストレスや不安感を感じて相談にみえるケースが多いように思います。
 女性の身体はとてもデリケートでストレスなども大きく影響します。きめ細やかに漢方薬を使い分けて、月経の状態や周期を整えていくことが大切です。
 「36歳、主婦の方、結婚して2年になるが、子供ができない。月経周期は35日で、ストレスがあると遅れやすい。月経前はイライラしやすく、肩が凝り胸が張って痛い。月経前半、下腹部にズキズキと重い痛みがあり、温めると楽になるが、鎮痛剤は欠かせない。手足が冷えて、寒がり。足腰が重だるい。夜中に目が覚め、ほぼ毎日トイレに起きる。」とのこと。気滞血瘀証と寒湿証を兼ねていると考え、月経開始から10日間は血府逐瘀湯を、月経11日目からは逍遥散と当帰芍薬散を服用していただきました。また、ホルモンの要である腎精を補うために、瓊玉膏も併用しました。
 2ヶ月ほどで、足腰の重だるさがなくなり、月経痛も改善、鎮痛剤が不要に。月経前、月経時の体調も落ち着いて、朝までぐっすり眠れるようになり、気持ちも安定してきました。3ヶ月後、めでたく妊娠。その後も安心のため安胎の漢方薬と瓊玉膏を服用し、やさしい穏やかな表情で赤ちゃんの誕生を待っています。
 漢方では不妊症を月経や全身の症状から、「腎陽虚証」「腎陰虚証」「気血両虚証」「肝気鬱結証」「痰湿証」「血瘀証」などのパターンに分類し、それぞれに応じた三十ほどの処方を組み合わせて使います。  当薬局では、不妊症のご相談は出産経験のある女性薬剤師が主に対応させていただいております。安心して、ご相談下さい。