VOL.122 逆流性食道炎

「40歳男性、過労やストレスなどにより、胸部や背部、みぞおちの痛み、胸焼けなどが起こる。普段からゲップ、喉の違和感、声がれなどがある。病院で、胃カメラを受け、『逆流性食道炎』と診断されている。食欲正常、大便は1日2回、時々軟便。」との事。「肝気犯胃」による「胃気上逆」と判断して、柴胡疏肝散と半夏厚朴湯を服用していただくことにしました。
 2週間ほどで、痛みが緩解し、3ヶ月ほどで、症状が無くなりました。
 その後は、ストレスの多いお仕事の方なので、予防的に時々、服用していただいていますが、今ではとても元気そうです。
 漢方では、一般に心窩部付近の疼痛を「胃脘痛」と称し、原因や悪化条件、随伴症状などから、飲食の不摂生による「寒邪犯胃」「胃実熱」「痰湿阻胃」、ストレスが主な原因の「肝気犯胃」「肝鬱化火」、過食による「食滞脾胃」、胃腸虚弱による「胃気虚」「胃陽虚」「胃陰虚」、長患いによる「瘀血阻絡」などの病証に分類し、更に症状、体質を分析して、五十種類ほどの処方を使い分けていきます。他の疾患と同様、症状や体質をきちんと分析して処方を決定することが、治療の早道となります。特に、悪化条件や好転条件が重要なポイントです。店頭では、『逆流性食道炎』に限らず、前述の患者さんのように、ストレスによる胃腸疾患が多く見られます。漢方薬を使って、上手に乗り切りましょう