VOL.134 首の凝り

25才のAさん。
「首の凝りがひどく、目眩や頭痛を伴うこともある。お仕事上、パソコンなどで目を使うことが多い。症状は夕方に強くなりやすく、疲労や睡眠不足、ストレスなどで悪化しやすい。また、時には朝起きたときに首が強ばっている。疲れやすく、冷え性。時々寝つきが悪い。やや便秘気味。」といった症状でした。

疲労や目の使いすぎによる陰血虧虚を主とし、ストレスによる肝鬱気滞や冷えによる陽気虚衰を兼ねると考え、逍遙散と人参養栄湯を併用することにしました。二週間でかなり回復。憂鬱な表情は消え、元気に来局してくれました。さらなる改善をめざして、現在も服用中です。

漢方では、その方の症状、体質、悪化条件、随伴症状から、「首の凝り」を冷えによる「寒邪侵襲」や「陽気虚衰」、湿気や冷えが原因の「寒湿阻滞」、ストレスによる「肝気鬱結」や「肝鬱化火」、胃腸の弱りが原因となる「脾気虚」「脾陽虚」、血行不良による「気滞血瘀」、「気虚血瘀」、過労や睡眠不足による「気血両虚」「陰血虧虚」或いは「陰虚火旺」等々の様々なパターンに分類し、更に詳細に判断して漢方処方を使い分けていきます。

他の疾患同様、きちんと漢方的に分析して処方を決定することが治療への早道です。最近よく耳にする「ストレートネック」なども含め、パソコンやスマホなどの長時間の使用による首の凝りが多く見られます。漢方薬を上手に使って、憂鬱な症状を取り除きましょう。