VOL.136 ドライマウス

最近、耳にすることが多くなった「ドライマウス」ですが、「口腔乾燥症」といい、唾液分泌量が低下して、咽が渇いたり口の中が乾燥することにより、痛みや不快感が生じる疾患です。発症原因としては、薬剤の副作用、糖尿病や更年期障害、腎不全、口腔周囲の筋力の低下、ストレスなどがあげられます。男性より女性に多い傾向にあります。
 65才のAさん。「数年前に大きなストレスがあり、その頃から唾液が出にくくなり口内が乾燥。さらに口の中の粘るような不快感、舌や口内の粘膜が傷ついて痛む、発音しにくい、喋りづらい、食べものが飲み込みにくい、味覚異常などの症状が見られる。また、虫歯や口内炎になりやすくなった。今でも、ストレスが多く、寝つきも悪い。」との症状でした。舌を診せていただくと赤く、舌苔は無し。お話をしている間も、水分を摂らないと会話ができない状態でした。肝鬱化火から陰虚燥熱を生じていると判断し、丹梔逍遥散と白虎加人参湯を服用していただき、瓊玉膏を併用することにしました。1ヶ月程して少しずつ唾液が増えてきた様子。3ヶ月程経過したある日、歯科医の先生から「唾液が増えてるね。」といわれたと、嬉しそうにお電話を下さいました。現在は、飲物無しで普通に会話ができるところまで良くなり、更なる改善をめざして、服用中です。
 漢方では、その症状や程度、発病時期、発病状況、悪化条件、好転条件、随伴症状、今までの治療経過、既往症などから、「口腔乾燥症」を分析し、「胃熱熾盛」「熱入営血」「肝火上炎」「水飲内停」「肺燥傷津」「陰虚燥熱」等の様々なパターンに分類し、更に詳細に判断して漢方処方を使い分けていきます。
 「口腔乾燥症」は、漢方においても難しい疾患ではありますが、著効を示すこともあります。複数のパターンが、複雑に混在している事が多く、きちんと判別し、その方に合った治療法及び漢方薬を決定することが治療のカギとなります。