VOL.138 ニキビ ~その8~

Aさんは16才の女性。
「4年ほど前から頬と前額にニキビができる。色は暗紅色或いは淡紅色で腫脹している。月経前や甘い物の過食で悪化する。月経不順。暑がりで寒がり。ストレスもあり、肩こり、腰痛もみられる。やや軟便気味。睡眠が浅いのか、よく夢を見る。今まで清上防風湯を始め、『ニキビに良い』と言われる幾つかの漢方薬を服用したが効果が見られなかった。」といった症状でした。

ストレスなどが原因で、患部に熱を帯びた「肝火上炎証」に、少し「胃熱証」も兼ねていると判断し、丹梔逍遙散を服用していただくことにして、スキンケアの指導もさせていただきました。
1ヶ月ほどで、ニキビが減少し、月経も順調になってきて、体調も良いようです。現在も更なる改善を目指して服用中です。

漢方では、ニキビ・吹き出物を「粉刺」と称し、体内で発生した「熱」が皮膚に影響を与え、それに外界の風熱刺激を伴うと発症すると考えられている他、肝・脾胃・肺・腎などの臓腑の機能失調により生じるとされています。

患部の症状、悪化条件、随伴症状などから、「風熱」、「脾胃湿熱」、「肝胆湿熱」、「実寒」、「肝気鬱結」、「痰凝」、「血瘀」、「脾気虚」、「陽虚」、「陰虚」、「気血両虚」等々に分類し、当薬局では、約八十種類ほどの薬方を使い分けています。

適切な漢方薬を決定する上で、ニキビの色、形、好発部位などの患部の状態が特に大切であり、必ずご本人が来局される必要がある疾患の一つです。