VOL.139 不妊症 ~その11~

漢方では、不妊症のことを「不孕(ふよう)」といいます。
『中医症状鑑別診断学』によると、「妊娠適齢な女性が避妊を行わずに、結婚後2年以上妊娠しないこと」または、「過去に妊娠歴があって避妊せずに2年以上妊娠しないこと」とあります。

「33歳、パソコンを多く使うお仕事をしている方。結婚後3年ほど経つが子供ができない。月経周期は29~34日。月経前になると、臍傍が痛み、胸が張り、足がむくみ、イライラしやすい。手足が冷えるのは、寒い時と、緊張した時。いつもは温かいものを好むのに、時々冷たいものを少量飲みたくなる。心配性で、動悸がする。肩がこり、目がかすみ、ドライアイ。くまができやすい。」とのこと。真面目な方で、お仕事が多忙で、心身ともに無理をしているようです。

気滞血?証に、気血両虚証を兼ねていると考え、月経周期に合わせて、折衝飲と帰脾湯を服用していただきました。また、腎精を補うために瓊玉膏を併用しました。1ヶ月ほどの服用で、肩から上があたたまって目がラクになり、2ヶ月ほどで、月経前のむくみやイライラ、胸の張りが軽くなりました。4ヶ月後、めでたく妊娠、嬉しそうです。その後も、安胎の漢方薬を服用していただき、もうすぐ出産です。

漢方では不妊症を月経や全身の症状から、「腎陽虚証」「腎陰虚証」「気血両虚証」「肝気鬱結証」「痰湿証」「血?証」などに分類し、それぞれに応じた三十ほどの処方を組み合わせていきます。お身体に合った漢方薬で、妊娠しやすいコンディションにしていきましょう。

当薬局では、不妊症のご相談は出産経験のある女性薬剤師が主に対応させていただいております。安心して、ご相談下さい。