VOL.153 不妊症 ~その13~

漢方では、女性の不妊症のことを「不孕(ふよう)」といい、男性の不妊症のことは「不育(ふいく)」といいます。一方、西洋医学では、「不育症(ふいくしょう)」とは習慣性流産のことで、漢方では「滑胎(かったい)」といいます。
 「33歳、結婚して9年。4才の男の子がいるが、なかなか妊娠しないうえ、3度の流産を経験している。月経周期は28日前後、量は多めで、塊が混じる。月経時の疲れが甚だしい。もともとは心配性だが、月経前は、イライラしやすく、胸が脹り、足がむくみ、立ちくらみがする。足腰が冷える。1度目の流産の時は過労があり切迫流産、2度目と3度目は稽留流産といわれた。その後、不育症と診断され、アスピリンが処方された。」とのこと。
 心脾両虚証、肝気鬱結証と血瘀証を兼ねていると考え、帰脾湯、逍遙散と折衝飲を月経周期に合わせて飲み分けていただきました。また、腎精を補うために瓊玉膏を併用しました。むくみ、疲れやすさ、冷えなどが徐々に改善し、6ヶ月ほどで妊娠。出血傾向が続きましたが、瓊玉膏をベースに補中益気湯、芎帰膠艾湯を使い分けて、無事、男の赤ちゃんが誕生。うれしいご報告をいただきました。
 漢方では不妊症を月経や全身の症状から、「腎陽虚証」「腎陰虚証」「気血両虚証」「肝気鬱結証」「痰湿証」「血瘀証」などに分類し、それぞれに応じた三十ほどの処方を組み合わせていきます。お身体の状態に合った漢方薬で、きめ細やかにケアして、無事出産できるよう、コンディションを調えていきましょう。当薬局では、不妊症のご相談は出産経験のある女性薬剤師が主に対応させていただいております。安心して、ご相談下さい。