VOL.158 不眠症

漢方では不眠症を“不寐”“失眠”“不得眠”“不得臥”“目不瞑”などとも称し、日常的に正常な睡眠が得られないという症状のことをいいます。

不眠には、症状の軽重があり、軽度の場合は、「入眠困難」「睡眠中に覚醒しやすい」「一旦目を覚ますと再度眠ることができない」「眠ったり目を覚ましたりを繰り返す」などの症状がみられます。また、重篤な場合は、「一晩中一睡もできない」こともあります。

Aさんは五十代の男性。「五、六年前に、仕事のストレスから、寝つきが悪くなり、夜中に何回も目が覚める。疲れやすく、物事に意欲がわかない。血圧がやや高め。首筋がこり、ときどき、耳鳴や頭痛がすることもある。暑がりで、手足は冷えない。顔色は黒っぽく、舌は紫暗色で、黄膩苔。」との症状。痰熱内擾と気滞血瘀から心神擾乱を生じていると考え、温胆湯と血府逐瘀湯を、服用していただくことにしました。心神を落ち着かせるため、牛黄清心元も併用しました。

1ヶ月ほどで、寝つきが改善し、3ヶ月ほどで、5~6時間は、目が覚めずに眠れるようになりました。顔色も良くなり、お元気そうです。

漢方では不眠症の発生の仕組みは、大きく分けて2つに限定されます。「心神擾乱」による実証と「心神失養」による虚証です。心神擾乱には、「心火熾盛」「肝火上炎」「痰熱内擾」「肝陽上亢」「心腎不交」などがあり、心神失養には、「虚煩不眠」「心血虚」「心陰虚」「心脾両虚」「心胆気虚」などが見られます。長期にわたると「瘀血」を併発することも少なくありません。

重度の不眠の場合、漢方薬では難しいこともありますが、軽症の場合や不眠になって日が浅い場合などは、お身体にあった漢方薬を選ぶことで、スッキリ眠れることが多いです。

睡眠は、人生の三分の一を占めると言われています。漢方を上手に使って、快適な睡眠を手に入れましょう。