VOL.164 手湿疹

「手湿疹」とは、物質による刺激やアレルギーによって生じる手のひらや指の皮膚炎のことをいいます。皮膚の表面を保護する角層間脂質が少ない体質であったり、職業・家事などで水やシャンプー・洗剤などをしょっちゅう使うことで角層間脂質や天然保湿因子が減ると起こりやすくなります。
60才のA子さん。「以前、石鹸の会社で仕事をしていた頃に、手湿疹を発症した。手掌、手指が荒れ、皮膚の乾燥・剥離がはげしく、亀裂も生じてくる。手が火照る感じの熱感がある。水仕事などが多いときはもちろん、疲労やストレス、睡眠不足で悪化する。精神的にやや不安定で、ときどき憂鬱になる。喉が渇く。ゲップやオナラが多い。塗り薬なども様々使ってみたが良くならない。」とのこと。「肝鬱血虚証」と「肝鬱化火証」を兼ねていると判断し、丹梔逍遙散合四物湯を服用していただくことにしました。皮膚の抵抗力を補うため、瓊玉膏も併用しました。一ヶ月ほどで、手掌の湿疹は軽快し、水仕事をしてもあまり悪化しなくなり、二ヶ月後にはほとんどなくなりました。「気持ちも憂鬱にならなくなりました。」と笑顔で話してくれました。
漢方では、「手湿疹」を皮膚の状態、悪化条件、好転条件、随伴症状を中心に、体質や現病歴などから、「湿熱証」「風湿証」「肝気鬱結証」「肝火上炎証」「血瘀証」「実寒証」「血虚証」「陰虚証」「気血両虚証」「陰陽両虚証」・・・などのパターンに分類し、更に症状を詳細に分析して漢方薬を決定します。他の疾患同様、きちんと漢方的に鑑別することが治療の早道であり、中でも患部の状態が最も重要になります。