VOL.173 花粉症も十人十色

漢方では外部環境の変化により疾病を引き起こすものを外邪と称し、「風邪・寒邪・暑邪・湿邪・燥邪・熱邪」の六つをあげています。花粉症では、スギ花粉が春風に乗ってやってくるので「風邪(ふうじゃ)」の性質を中心に考えることが多くなります。体質的に冷えが強い場合の「陽虚」、体力の低下による「気虚」、胃腸が弱い「脾胃虚弱」、水液の代謝が悪い「湿痰」、ストレスによる「肝気鬱結」…等々の人が、風邪を主とした「風寒」「風熱」「風湿」…等の外部からの刺激を受けると花粉症を発症すると考えられています。
31才の女性の場合、「くしゃみ、鼻水、鼻塞、目や皮膚の痒みなどがあり、屋外に出ると悪化し、マスクをしていると落ち着く。少し動くと汗をかきやすく、疲れやすい。」といった症状でした。小青竜湯や葛根湯などを服用したことがあるが、無効だったとのこと。「風邪」を追い出す代表的な漢方薬である「桂枝湯」と「気虚」を補う「玉屏風散」を服用していただくことにしました。服用後、鼻の症状が改善し、皮膚の痒みもなく、服用していた西洋薬も服用せずに済んでいます。
いつものように、漢方治療をする上で最も重要なことは、「花粉症」という病名にとらわれずに、きちんと漢方的に分類し、処方を決定することです。花粉症といっても、その方に合う漢方薬は、十人十色です。当薬局では、花粉症を大きく二十三のパターンに分類し、約五十種類の処方を使い分けています。