VOL.193 過敏性腸症候群(IBS)の漢方治療

日本消化器病学会ガイドラインによると、過敏性腸症候群(IBS)は、「お腹の痛みや調子がわるく、それと関連して便秘や下痢などのお通じの異常(排便回数や便の形の異常)が数ヵ月以上続く状態のときに最も考えられる病気です。」と記載されています。
食べ物を消化・吸収し、不要なものを便として体の外に排泄するための腸の収縮運動や知覚機能は、脳と腸の間の情報交換により制御されています。この情報交換の信号が、過敏に強くなってしまうと、過敏性腸症候群(IBS)を引き起こします。

「34才のA子さん。数ヶ月前から、下痢や軟便が続いている。ストレスが多く、頭痛を伴うことも多い。お腹が張り、ガスが溜まりやすい。寒がりで手足が冷える。時々、目眩や立ちくらみがする。お腹の調子は、ストレスと冷えで悪化しやすい。」とのこと。

脾腎陽虚と肝気犯脾を兼ねていると考え、真武湯と逍遙散を服用していただくことにしました。下痢などの症状は、1ヶ月ほどで激減し、現在は、ほとんど無くなりました。顔色も良く、お元気そうです。

漢方では、肝の疏泄、脾胃の昇降、腎の固摂などをポイントに、過敏性腸症候群(IBS)の症状を分析し、不調の原因を探っていきます。「肝気犯脾」「脾虚肝乗」「脾胃不和」「脾腎陽虚」「大腸気滞」・・・等々のパターンに分類し、さらに、検討して、その方の症状や体質に合った漢方薬を決定します。
他の疾患同様、きちんと漢方的に分類し、処方を決定することが治療の早道となります。