VOL.195 多嚢胞性卵巣症候群を伴う不妊

不妊の漢方相談には、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)といわれている方もいらっしゃいます。PCOSは、排卵障害のひとつです。成長を開始した卵子がどれも充分に成長できずに萎縮し、空になった卵胞が、列になって卵巣に残ります。これを超音波で見るとネックレスのように見えるので、ネックレスサインと呼ばれ、PCOSの診断の特徴的な症状です。スムーズに排卵できないので、生理が遅れたり、生理が来ないこともあります。
「25歳、結婚して1年。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の疑いがあるといわれた。排卵はしているが卵子の成長がよくないとのこと。生理周期は33~35日。経血は暗紫色で、塊が混じる。生理前は、胸が張り、イライラしやすく、時々頭痛がする。心配性。睡眠は、夢が多く、心配事があると眠りが浅くなる。友人の出産の話題を素直に喜べない自分に苛立ちを感じる。夜間尿は1日1回。冷え性で、手足が冷え、腰から下が重だるい。手足に冷汗がある。」とのことでした。
心血虚と肝気鬱結、それに瘀血を伴っていると考え、生理中以外は、帰脾湯と逍遙散を、生理中には、折衝飲を飲み分けていただくことにしました。腎精を補うため瓊玉膏も併用しました。
服用開始から約6ヶ月。生理周期は30日、経血の状態・生理前の体調は順調。気持ちも穏やかになり、よく眠れるようになりました。さらに、3ヶ月後、「妊娠しました。」と嬉しいご報告をいただきました。ホッとした、やさしい表情です。
PCOSの診断には、超音波での検査が必要です。そのため、漢方の古典にPCOSの概念はありませんが、スムーズな排卵ができるように、生理の状態や体質などをよく見極めて、お身体に合った漢方薬をセレクトすることが大切です。
当薬局では、不妊のご相談は出産経験のある専任の女性薬剤師が主に対応させていただいております。安心して、ご相談下さい。