VOL.199 二人目不妊

最近、お子様連れで、不妊の漢方相談にいらっしゃる方が増えています。「二人目不妊」という言葉を目にすることも多くなってきました。

36歳、パソコンを多く使うお仕事をしている方。「二人目もお願いします。」と久々のご来店です。「一人目のお子様を出産後、復職し、数ヶ月前から勤務時間が長くなった。家事、育児とお仕事の両立で、心身の疲労が著しく、寝つきが悪い。生理周期は、26~32日、経血の量は普通、色は明るいが、塊が混じる。排卵の頃に、身体の冷えと排卵痛がある。生理前の体調は、夕方に手足の熱感やのぼせを感じ、重だるく、便秘気味になる。」とのことでした。

血瘀証に肝気鬱結証を兼ねていて、排卵期と生理前は、気滞による症状が顕著になっていると考え、生理周期に合わせて、芎帰調血飲第一加減と丹梔逍遙散を飲み分けていただきました。また、腎精不足を補うために、瓊玉膏も併用しました。服用開始1ヶ月で、生理前の熱感、便秘、身重感と排卵の頃の冷え、排卵痛が軽減しました。忙しいながらも、体調が安定し、服用開始から約8ヶ月で妊娠。安胎の漢方薬も服用して、無事出産を迎えました。かわいい弟を前に、お兄ちゃんも嬉しそうです。

二人目不妊でお悩みの方は、「一人目ができたのに何故?」と思いがちですが、一人目を妊娠、出産することで、「気血」や「腎精」を消耗しています。その上、育児や家事とお仕事の両立で、身体的、精神的に無理をして、さらに「気血」や「腎精」を消耗したり、ストレスをためているかもしれません。これが、不妊の原因になることもあり、二人目不妊は不思議なことではないのです。生理の状態や体質をよく見極めて、お身体に合った漢方薬をセレクトし、妊娠しやすいコンディションに整えていきましょう。

当薬局では、不妊症のご相談は、専任の女性薬剤師が主に対応させていただいております。妊娠、出産の経験もあるので、妊娠中のことや育児のことも、お気軽に、ご相談下さい。