VOL.209 更年期の不安感

更年期障害は、「卵巣機能低下に伴うエストロゲン減少を基礎として、社会的、環境的、個人的な因子などが複雑に絡み合うことにより、器質的疾患がないにもかかわらず、自律神経失調を主とする不定愁訴がみられる症候群である。」とされています。

一方、漢方理論では、経断前後諸症などと称し、腎精(ホルモンと考えると良いでしょう)の消耗に伴う陰陽の不調を発症の根本としており、それが精神活動の要である「心」、自律神経と関わりの深い「肝」、決断力や快適な睡眠を生み出す「胆」などに影響を及ぼすことによって、身体のバランスの失調を引きおこすと考えています。

50才のA子さん、「気持ちが落ち着かず、悪いことばかり考えてしまう。そのため、物事に集中できない。不安感、憂鬱が続いている。寝つきが悪く、夜中にも目が覚める。手足が冷え、疲れやすい。食欲減少して、身体が重だるい。」とのことでした。

腎精不足をベースに、脾失健運から生化不足や脾虚痰飲、胆鬱痰擾を生じていると考えて、加味温胆湯を服用していただき、腎精を補う鹿茸製剤も併用しました。3週間ほどで、気持ちが落ち着き、眠れるようになりました。現在も服用中ですが、ほとんどの症状は無くなり、お元気そうです。

更年期障害の症状や程度は千差万別ですが、それらを漢方的なものさしで、きちんと分析し、適切な漢方薬を選択することが、治療のためには、最も重要です。また、共通なのは腎精の不足が根本にあるということです。その点が、一般的な自律神経失調などと、大きく異ります。そのため、標本同治(疾病の本質と症状を同時に治療すること)が、治療のための重要なポイントとなります。