生理痛の漢方治療

【はじめに】

生理痛は、漢方では、「痛経」あるいは「経行腹痛」と呼ばれ、「月経期やその前後に、下腹部や腰部に耐え難い痛みが周期的に出現すること」をいいます。

一般的には、月経1~2日目、あるいは月経前1~2日に多発し、その後、徐々に軽減していきますが、個人差があり、月経終了まで痛みが続いたり、月経終了後から生じたりする場合もあります。

生理痛の漢方的な原因と発生のしくみ

生理痛の発生原因には、ストレスなどによる精神刺激、日常生活や食事の不摂生、暑さ、寒さ、湿度などの外部環境の極端な変化などがあり、それらと体質や月経期・月経前後の生理環境などが関連して発症します。

「痛みの発生のしくみ」「痛みの性質や特徴」「不通則痛」「不栄則痛」については、頭痛の漢方治療を参照して下さい。

1.気滞血瘀
 ストレスによる精神刺激、情緒の変動により、肝の疏泄機能が失調し、気滞から血瘀を生じます。血海の気機が失調し、経血が順調に運行されないと、「不通則痛」となり、生理痛を発症します。

2.寒凝胞宮
生理の時に、雨に濡れたり、水泳などで水に入ったり、冷たいものを食べすぎたりすると寒湿の邪が停滞します。また、陽虚体質のものが陰寒内盛すると虚寒証を形成します。いずれの場合も寒邪の「凝滞」の性質により、気血の運行が停滞し、「不通則痛」となり、生理痛を発症します。

3.湿熱下注
飲食の不摂生や飲酒過多などで湿熱が内停したり、生理時や産後に湿熱の邪が侵襲すると、それが衝任に流注し、気血の運行が停滞し、「不通則痛」となり、生理痛を引き起こします。

4.気血虚弱
胃腸虚弱や食事の不摂生により、気血の生成が低下したり、過労や慢性疾患で、気血を著しく消耗したりすると、衝任の気血の不足を生じます。生理の後には、血海は空虚になり、さらに気血の不足は顕著となるため、衝任・胞脈が滋養されず、「不栄則痛」となり、生理痛を引き起こします。

5.肝腎虚損
虚弱体質や過労、房労などにより、肝腎が虚損すると、精血が虚衰し、衝任・胞脈を滋養することができません。生理時は、さらに精血を消耗するため、「不栄則痛」となり、生理痛を引き起こします。

生理痛の漢方治療のポイント

生理痛は、前述のような様々なしくみで、発症します。
他の疾患にもいえることですが、生理痛の漢方治療において、きちんと効果を上げるためには、「生理痛には、○○湯。」ではなく、本来の漢方の使い方をする事が大切です。痛みの状態、時期(生理前、生理前半、生理後半など)、悪化条件、好転条件などを中心に、月経の周期などや全身の体質などから、病証のパターンに分類し、治療方針を定め、更に適した処方を決定していく事が必須となります。
つまり、生理痛の漢方治療は、痛みを改善するだけでなく、身体を健康にする治療といえます。
病証のパターンは、血の流れが悪いことによる『血瘀証』、辛い物やお酒の摂りすぎによる『実熱証』『湿熱証』、反対に冷たい物の摂りすぎや身体を冷やしたことによる『実寒証』、過労などが原因になっている『気虚証』、血液の不足がまねく『血虚証』、ストレスが痛みを引き起こす『肝気鬱結証』等々、多種にわたります。
生理痛を根本から治したい方、鎮痛剤を服用したくない方、冷えが強い方、漢方薬を服用してみたけど効果がみられない方、ストレスや疲労が強い方、身体にやさしく治療したい方・・・。
お気軽にご相談下さい。